読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、ジャニーズ事務所様。

2012年の4月にSMAPのファンになった私。12年前、まだ小学生だった私が初めて買ってもらったWalkmanに入れた、初めてのアルバムが『Drink! Smap!』だったのことの意味が分かりますか?

お父さんと一緒のベッドで寝ていた私は毎晩そのWalkmanでドリスマやMIJ、SAMPLE BANG!を聴くのが日課でした。たまに無意識のうちに口ずさんでしまい、「何歌ってるんだ?」と父に尋ねられ、恥ずかしくてごまかしたり。

毎年恒例の家族旅行。天気もよく、風邪も心地いい山道をドライブする中、当時大のお気に入りだった『トイレットペッパーマン』と『ブリブリマン』を大音量で聴き、その漏れ出る音に「一体何を聴いてるの?」との母の問いに、またも恥ずかしくなってごまかしたり。

小学3年生の時に朝礼時に学校全体に響き渡った『世界に一つだけの花』。小学校の6年生を送る会で歌った『ありがとう』。

そこからはSMAPの新曲が出るたびにチェックして、当時好きだったHi-Fi CAMPが楽曲提供をしたことに喜び、カラオケで友だちとその曲を歌い。

高校生になってしばらくして、ようやくSMAPのファンになり、部活で壁にぶつかったり、その壁を乗り越えたいと思うたびにSMAPに励まされ。小学生の頃になぜか決めた「初めて行くコンサートはSMAP!」という願いが叶い。

大学生になってからは一人暮らしをはじめ、ライブの遠征もしたり。

SMAPが居るから何でも乗り越えられて、楽しくて。


これらの意味が分かりますか?